« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013/03/28

(開講)第49回ワン・コイン古文書講座開講

 みなさん、こんにちは。第48回の講座と第49回の講座が僅か1週間の違いになりました。第48回が終わったと安心していたら、もう第49回なのです。教室取りの都合であるため、致し方ありません。今回は囲碁棋士本因坊跡目秀策に関する新史料をご紹介します。テレビでも、4月14日(日曜日)昼12時~教育テレビ「囲碁ジャーナル」で解説をする予定です。今回も宮前市民館で行います。どうぞお気軽にご参加下さい。

第49回ワン・コイン古文書講座

○日時:4月4日(木曜日)14時~16時

○場所:宮前市民館(川崎市宮前区宮前平2-20-4宮前文化センター[最寄り駅は東急田園都市線宮前平駅])第4会議室
宮前市民館のホーム・ページ
http://www.city.kawasaki.jp/miyamae/category/117-11-1-0-0-0-0-0-0-0.html

○料金:500円(一ヶ月会費)

○講師:高尾善希(たかお・よしき 東京都公文書館史料編さん係専門員(専務的非常勤職員)・立正大学文学部史学科非常勤講師)、博士(文学))

○演題:「古文書からみた本因坊跡目秀策」

〇講師から一言 本因坊跡目秀策。「棋聖」とたたえられた幕末の囲碁棋士です。最近、彼についてのあたらしい史料を見つけましたので、ご報告したいと思います。

○参加方法 参加する際には必ず下記メール・アドレス宛てに参加希望の旨のメールをご送信下さい(メール題名は「講座希望」と記入して下さい)。
komonjyo_yomukai@yahoo.co.jp

 会の運営の都合上、多くのところは自己責任でお願いします。お出かけ直前に、このブログの内容をご確認下さい。変更点などがある可能性があるためです。なお、ワン・コイン古文書講座の次回の予定は5月9日(木曜日)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/21

(開講)第48回ワン・コイン古文書講座開講

 みなさん、こんにちは。今年も宜しくお願いします。来年度は東京都公文書館史料編さん係専門員(専務的非常勤職員)の職を離れます。何かをしくじったわけではなく、年限退職です。これからどうしようかなあ、と思い悩む毎日です。あ、このようなひとは、わたしの業界では珍しくもないのです。哀れだと思った方は、ワン・コイン古文書講座にご参会ください(笑…という話のオチです)。今回も宮前市民館で行います。どうぞお気軽にご参加下さい。

第48回ワン・コイン古文書講座

○日時:3月28日(木曜日)14時~16時

○場所:宮前市民館(川崎市宮前区宮前平2-20-4宮前文化センター[最寄り駅は東急田園都市線宮前平駅])第4会議室
宮前市民館のホーム・ページ
http://www.city.kawasaki.jp/miyamae/category/117-11-1-0-0-0-0-0-0-0.html

○料金:500円(一ヶ月会費)

○講師:高尾善希(たかお・よしき 東京都公文書館史料編さん係専門員(専務的非常勤職員)・立正大学文学部史学科非常勤講師)、博士(文学))

○演題:「紙漉と雪隠-トイレット・ペーパーのゆくえ-」

〇講師から一言 天保12年(1841)12月19日、本郷春木町幸吉が、ある願書を町奉行所に提出します。雪隠で使われた浅草紙を再利用して漉き返したいというのですが…。講義ではその願書を読んでみようと思います。

○参加方法 参加する際には必ず下記メール・アドレス宛てに参加希望の旨のメールをご送信下さい(メール題名は「講座希望」と記入して下さい)。
komonjyo_yomukai@yahoo.co.jp

 会の運営の都合上、多くのところは自己責任でお願いします。お出かけ直前に、このブログの内容をご確認下さい。変更点などがある可能性があるためです。なお、ワン・コイン古文書講座の次回の予定は4月4日(木曜日)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/03

(開講)みやまえ江戸古文書を読む会特別公開講座

 みなさん、こんにちは。今回はワン・コイン古文書講座の運営でお世話になっている「みやまえ江戸古文書を読む会」の講座案内をいたします。「みやまえ江戸古文書を読む会」は川崎市宮前区で運営している古文書読解サークルです。このたび、同会が「みやまえJAM2013」に参加することになりました。「JAM」とは「J-じゃんじゃん A-あつまって M-まなびあう」の略で、区内で生涯学習の活動を行うサークル・団体が今年一年の学習成果を発表し、サークル相互の交流を深める場です。ワン・コイン古文書講座と同じ、宮前市民館で行います。どうぞお気軽にご参加下さい。この会は入場無料です。

「みやまえ江戸古文書を読む会」公開講座

○日時:3月23日(土曜日)13時~15時

○場所:宮前市民館(川崎市宮前区宮前平2-20-4宮前文化センター[最寄り駅は東急田園都市線宮前平駅])4階第3会議室
宮前市民館のホーム・ページ
http://www.city.kawasaki.jp/miyamae/category/117-11-1-0-0-0-0-0-0-0.html

○料金:無料

○講師:高尾善希(たかお・よしき 東京都公文書館史料編さん係専門員(専務的非常勤職員)・立正大学文学部史学科非常勤講師 博士(文学))

○演題:「江戸時代わんわん道中記

〇講師から一言 ここでは江戸時代における犬の旅行についての古文書を紹介します。えっ、犬が旅行するの? と思われる方が多いでしょう。それはご来会頂いてからのお楽しみです。また、「古文書を読む」といっても、恐る必要はありません。古文の知識も日本史の知識も必要ありません。どうぞお気軽にご参加ください(この話は、以前、ワン・コイン古文書講座で講義したことがあります)。

○参加方法 参加する際には必ず下記メール・アドレス宛てに参加希望の旨のメールをご送信下さい(メール題名は「講座希望」と記入して下さい)。
komonjyo_yomukai@yahoo.co.jp

 会の運営の都合上、多くのところは自己責任でお願いします。お出かけ直前に、このブログの内容をご確認下さい。変更点などがある可能性があるためです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »