« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2012/07/24

(開講)第41回ワン・コイン古文書講座開講

 みなさん、こんにちは。第41回ワン・コイン古文書講座のご案内をいたします。夏の盛りを迎えようとしています。みなさん、如何お過ごしでしょうか。わたしは、子どもをわたしの実家(千葉県)に連れていって遊ばせようかと企画中です。普段は仕事で忙しく、父親業を怠け気味なので、夏休みぐらいは、すこしくらい(ほんのすこしくらいですが…)父親としてのポイントを稼いでおこうか、と思っています。講座は今回も宮前市民館で行います(今回は14時~16時という時間帯です)。どうぞお気軽にご参加下さい。

第41回ワン・コイン古文書講座

○日時:8月2日(木曜日) 14時~16時

○場所:宮前市民館(川崎市宮前区宮前平2-20-4 宮前文化センター [最寄り駅は東急田園都市線宮前平駅])第4会議室
宮前市民館のホーム・ページ
http://www.city.kawasaki.jp/88/88miyasi/home/miyasi.htm

○料金:500円(一ヶ月会費)

○講師:高尾善希(たかお・よしき 東京都公文書館史料編さん係専門員(専務的非常勤職員)・立正大学文学部史学科非常勤講師、博士[文学]

○演題:「古文書からみる品川宿の博徒たち」

〇講師から一言 今回は江戸時代の博徒についての講義です。博徒がどのように発生したのか、その実態はどのようなものだったのか、品川宿の古文書を読むことで考えたいと思います。テキストのくずし字がすこし難しいのですが、チャレンジしてみましょう。

○参加方法 参加する際には必ず下記メール・アドレス宛てに参加希望の旨のメールをご送信下さい(メール題名は「講座希望」と記入して下さい)。
komonjyo_yomukai@yahoo.co.jp

 会の運営の都合上、多くのところは自己責任でお願いします。お出かけ直前に、このブログの内容をご確認下さい。変更点などがある可能性があるためです。なお、ワン・コイン古文書講座の次回の予定は9月27日(木曜日)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/05

(開講)第40回ワン・コイン古文書講座開講

 みなさん、こんにちは。記念すべき第40回ワン・コイン古文書講座のご案内をいたします。今回の講座時間は14時30分から16時30分までです。14時から14時30分までは第40回記念の「お楽しみ会」をします! いつも通り14時にお集まりください。といっても、わたしはその内容は知りません。事務局のAさんしか知らないのです(笑)。Aさんよろしくお願いします! 講座は今回も宮前市民館で行います。どうぞお気軽にご参加下さい。

第40回ワン・コイン古文書講座

○日時:7月19日(木曜日) 14時~16時30分

○場所:宮前市民館(川崎市宮前区宮前平2-20-4 宮前文化センター [最寄り駅は東急田園都市線宮前平駅])第4会議室
宮前市民館のホーム・ページ
http://www.city.kawasaki.jp/88/88miyasi/home/miyasi.htm

○料金:500円(一ヶ月会費)

○講師:小林信也(こばやし・しんや 東京都公文書館専門史料編さん員[非常勤]、川村学園女子大学講師[非常勤]、博士[文学]

○演題:「永代橋の悲劇」

〇講師から一言 江戸時代、永代橋は隅田川にかかる橋の中でもっとも長い橋でした。文化4年8月19日、永代橋の橋上は、深川富岡八幡の祭礼の見物客ですし詰め状態でした。そのとき、突然、橋が崩落したのです。千人を超える人々がこの事故で亡くなったといわれ、今日にいたるまで、世界史上でも最悪の落橋事故だとされています。今回は、この悲劇に関する記録史料を読むことにします。あわせて、江戸時代の長大橋の基本構造について紹介し、永代橋落橋の原因をめぐって通説の批判もおこないます。

○参加方法 参加する際には必ず下記メール・アドレス宛てに参加希望の旨のメールをご送信下さい(メール題名は「講座希望」と記入して下さい)。
komonjyo_yomukai@yahoo.co.jp

 会の運営の都合上、多くのところは自己責任でお願いします。お出かけ直前に、このブログの内容をご確認下さい。変更点などがある可能性があるためです。なお、ワン・コイン古文書講座の次回の予定は8月2日(木曜日)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »