« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/11

(開講)第27回ワン・コイン古文書講座開講

 第27回ワン・コイン古文書講座のご案内をいたします。梅雨に入り、蒸し暑い日が続きますが、みなさんどうお過ごしでしょうか。毎年々々の夏、わたしはクーラーに必ず風邪をひかされてしまいます。今年の夏は、どこも節電体制、この処置を歓迎します。原発が要る・要らないの前に、人間はどういうふうに生活したいのか、そういう問いを投げかけてほしいと思います。さて、この回は、「(特別開講)第26回ワン・コイン古文書講座「江戸時代研究の休み時間」in東急セミナーBE」と同日開催です。日取りの関係上、偶然こうなってしまいました。第27回の場所は川崎市宮前区の宮前区市民館という公民館で行います。どうぞお気軽にご参加下さい。

第27回ワン・コイン古文書講座

○日時:6月30日(木曜日) 14時~16時

○場所:宮前市民館(川崎市宮前区宮前平2-20-4 宮前文化センター [最寄り駅は東急田園都市線宮前平駅])第4会議室(4階)
宮前市民館のホーム・ページ
http://www.city.kawasaki.jp/88/88miyasi/home/miyasi.htm

○料金:500円(一ヶ月会費)

○講師:高尾善希(たかお・よしき 東京都公文書館史料編さん係専門員、立正大学文学部史学科非常勤講師。博士[文学])

○演題:「江戸における下層民の生活、その実態」

〇講師から一言 今回は第25回で触れた江戸下層民の生活の実態を考えてみたいと思います。具体的には、裏店層、貧乏御家人などをとりあげたいと思います。現代人にとって、江戸時代のスロー・ライフは、あこがれの対象ですが、本当にあこがれに価するものなのかどうか、実際に史料を読むことで、みなさん自身で考えて頂きたいと思います。

○参加方法 参加する際には必ず下記メール・アドレス宛てに参加希望の旨のメールをご送信下さい(メール題名は「講座希望」と記入して下さい)。
komonjyo_yomukai@yahoo.co.jp

 会の運営の都合上、多くのところは自己責任でお願いします。お出かけ直前に、このブログの内容をご確認下さい。変更点などがある可能性があるためです。なお、ワン・コイン古文書講座の次回の予定は7月14日(木曜日)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »