« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/29

(開講)第15回ワン・コイン古文書講座開講

 はやいものでもう年末です。わたしは忘年会で、久しぶりの飲み会に感激です。仲間たちと呑みながら、今年もいろんなことがあったなあ…と感慨にふけるわけです。来年は勝負の年にしたいと思っています。ワン・コイン古文書講座は来年正月も開講します。第15回ワン・コイン古文書講座を開講致します。

第15回ワン・コイン古文書講座

○日時:1月12日(土曜日) 16時30分(16時10分から開場)~18時30分
○場所:立正大学大崎キャンパス(住所〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16)11号館7階1171教室(最寄り駅は山の手線の五反田・大崎駅、駅から徒歩7分です)
立正大学大崎キャンパスへのアクセス
立正大学大崎キャンパスの見取り図(11号館の7階です)
○料金:500円(レジュメ代、その他一切無料)
○講師:小林信也(東京都公文書館専門史料編さん員<非常勤>)
○演題「上野戦争始末」
〇講師から一言。慶応4年5月15日、上野寛永寺に立てこもる彰義隊を中心とする旧幕府勢力と、大村益次郎・西郷隆盛が指揮する新政府軍との間で、激しい戦闘がありました。いわゆる上野戦争です。ところで、この戦いの後始末にかかわって、当時、ある文書が作成されました。その文書は、現在、江戸の人々の生活を知るための大変貴重な史料となっています。今回の講座では、この文書、『上野兵火類焼調』を中心に、戦争直後の上野界隈に関する文書を読む予定です。また、次回2月のワン・コイン古文書講座は、久しぶりに歴史散歩を計画中です。上野公園を出発して浅草寺まで歩く予定です。今回の講座で読んだ文書に出てくる町々を実際に歩いてみましょう。お楽しみに。

 会員制をとっておりませんから、出席の事前連絡は不要、飛び入り参加を歓迎いたします。100人規模の教室を借りておりますから、どうぞお気軽に。ただ、大人数を引き連れて参加される場合には、プリント枚数の問題がありますので、お手数ですが当方までご連絡ください。また、大学へのお電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。ご質問はわたし宛てのメールにてお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »