« (生活)子ども三昧 | トップページ | (講座)第5回ワン・コイン古文書講座開講 »

2006/03/27

(講座)ワン・コイン古文書講座、ご参加54名、ありがとうございました

 先日のワン・コイン古文書講座、54名の方々にご参加頂きました。谷口眞子さん(早稲田大学非常勤講師)の「赤穂事件を読む」というお話でした。参加者のうち比較的おとしのうえの方は、映画・講談などで忠臣蔵に親しんだという方もいらっしゃいます。そんな方は、赤穂浪士の名前をポンと喋っても、お話上のエピソードとともに「ああ、あのひとね…」とわかってしまうことでしょうね。ちなみに参加者のうち3分の2の方が「泉岳寺の墓所に参詣したことがある」ということです。いまの若い人の中には、「忠臣蔵」も読めない、「内匠頭」も「ナイショウアタマ」と訓む人もあるらしい。わたしも若いのですが、歴史学をやっていなければ訓めなかったかもしれません。
 今回のお話は、忠臣蔵にお詳しい方も、〝史実で読む忠臣蔵〟というてんで、とても新鮮にお感じになったのではないでしょうか? もうすぐ谷口さんの新著も出るということですから楽しみです。出たら早速本屋に行かねば。
 谷口さんもとてもあかるいお上手なお話ぶり、説明の仕方のうまさに、「なるほど、こうすればいいのか…」とわたしも勉強になりました(ちょっとパクってしまおうかなあ)。

 次回第5回、4月のワン・コイン古文書講座の詳細は、追ってこのブログでご紹介いたします。

|

« (生活)子ども三昧 | トップページ | (講座)第5回ワン・コイン古文書講座開講 »

コメント

お久しぶりです。僕は太宰春台が好きでもあり、じつは吉良シンパ-というか赤穂連中が嫌いです。浅野長矩を殺したのは将軍綱吉なのだから、討ち入りするなら江戸城で綱吉を狙えばよろしい。お上には従順で「被害者」に牙を剥ける-という連中の行動は美しいと思えません。
ところでご存知かと思いますが、中野区・上高田の萬昌院功運寺には、吉良上野介の墓があります。折しも義士祭の日にここへ線香あげに行きましたが、意外というか、他には誰もいませんでした…。
また信州・下諏訪の法華寺には吉良義周の墓があり、ここでも一度お線香あげてきました。やっぱ誰もいない隅っこで…。でも風景のよい静かな所で、お坊さんもよい人だったので、やや救われた気分になりました。

投稿: 弓木 | 2006/04/08 10:50

忠臣蔵というのは、あくまで史実の赤穂事件を下敷きにした物語にすぎません。史実の赤穂事件について、谷口さんがもうすぐ本を出されるということですから、吉良贔屓の弓木も是非お読みください。

投稿: 高尾 | 2006/04/08 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56058/9279028

この記事へのトラックバック一覧です: (講座)ワン・コイン古文書講座、ご参加54名、ありがとうございました:

» 趣味になる講座 [講座案内ブログ]
趣味になる講座の見つけ方について解説します。無い趣味を探そうと思っても探し方がわからず、結局何の講座も受ける事ができない。様々な趣味の講座専用の雑誌や書籍が出てますし、通信講座専門の情報雑誌が無料で配布されている場合も数多く見られます。趣味の講座を受けてみようと思う方はそういった専門書籍や専門雑誌などを参考にしてご自分の趣味に合った講座内容を選んでいく方法が良いかもしれません。公共の施設では定期的に様々な趣味の講座が無料で体験できます。または講座を長期にわたって受講できるよう...... [続きを読む]

受信: 2007/06/11 19:32

« (生活)子ども三昧 | トップページ | (講座)第5回ワン・コイン古文書講座開講 »