« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

(講座)第4回ワン・コイン古文書講座開講

 この1回500円のワン・コイン古文書講座は原則的に毎月開催しております。3月の第4回も女性の研究者の方をお招きします。お題は忠臣蔵でお馴染みの赤穂事件です。講師の谷口さんは武家社会の研究者として第一線でご活躍です。
 わたしも大学浪人時代は忠臣蔵オタク(研究じゃないのです)で参加した47人のことについていろいろ覚えたものです。おもに赤穂事件を扱った文学作品を研究しようと国文科まで受験した過去があります(いまとなってはお恥ずかしい過去です)。なのでわたし自身がとても楽しみな講座です。
 ご案内は以下の通りです。

第4回ワン・コイン古文書講座

○日時:3月25日(土曜日) 4時15分(4時から開場)~6時15分
○場所:立正大学大崎キャンパス(住所〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16)11号館1161教室(最寄り駅は山の手線の五反田・大崎駅、駅から徒歩7分です)
立正大学大崎キャンパスへのアクセス
立正大学大崎キャンパスの見取り図(11号館は大通りに面したおおきな棟です) 
○料金:500円(レジュメ代、その他一切無料)
〇講師:谷口眞子「赤穂事件を読む」
〇講師から一言。浅野内匠頭が江戸城松の廊下で吉良上野介へ刃傷に及び、切腹・御家断絶を言い渡され、赤穂浪士たちが吉良邸へ討ち入った赤穂事件。実際に刃傷の場面は、どのように書き留められているのか、浪士たちが誓った起請文はどのようなものだったのか、討ち入った浪士が家族に宛てた書状にはどんなことが書かれていたのか、などを古文書で読んでみたいと思います。「『忠臣蔵』という言葉は知っているけど…」という方にも楽しんでもらえるような講座になればと願っています。

 会員制をとっておりませんので、出席の事前連絡も不要、飛び入り参加を歓迎しております。もちろん出席義務もありません。また1回毎に独立した講座になっておりますから、前回出席されなかった方でも充分お楽しみ頂けます。ただ、なにぶん格安の講座になっておりますので、多くの方にご参加頂き、運営ベースにのせていきたいと考えております。さて、前回講座のとき、ある方から「第何・何曜日というふうに開催日を固定してほしい」というご要望を頂きましたが、教室使用の関係上、うまくいくかはわかりません。ただ、第3・第4の土曜日になるべく開催したいと考えております。
 お誘いあわせのうえ、是非ふるってご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/26

(講座)申し訳ございませんでした そしてたいへんありがとうございました

・超満員御礼 きょう2月25日(土曜日)、第3回目ワン・コイン古文書講座が、立正大学大崎キャンパス324教室でひらかました。お話は横山百合子さん(東京都公文書館専務的非常勤職員・山梨県立女子短期大学非常勤講師)「女性の手紙を読んでみよう」でした。
 前回の第2回古文書講座が30人ほどでしたから、(まあ50名くらいの方々に来て頂ければ…)と思っていたところ、思いのほか多くの方々にご参加頂きました。それも63名(!)の方々にご参加を頂きました。130人教室も所狭しと黒山の人だかり、みなさまにお礼を申し上げたいと思います。
 ずらずら廊下にならぶ行列をみて、ほかの教室の方から、

 いったい何をやってるの?

 と訊かれるほどでした。なんともいやはや。

・不手際 ただ人数の読み違いにより、プリント配布が滞るというハプニングがありました。これは横山さんには何の責任もありません。すべて運営者たるわたしの責任です。それについてはわたしがここにお詫びを申し上げます。
 このワン・コイン古文書講座は「会員制・事前申し込みなし」といういままでにない運営方式をとっております。それで当然人数を読み切れない部分もあるわけですが、そうとはいえ人数読みの甘さがあったことは否めません。また安定的で円滑な運営をしてゆくため、何らかの対応をはからねばならないと考えております。今度どのように運営してゆくのか、講師・運営ともども充分注意を払いたいと思います。

・嬉しい悲鳴、こみあがる想い しかし嬉しい悲鳴ではありました。自分のやろうとしていることの意義の大きさを実感しました。
 インターネット・若干のチラシしかつくっていないのに何故60名近くの方々にご参加頂けるのか? 「古文書を読みたい・歴史を学びたい」とお考えになっている方が世間にこれだけいらっしゃったとは、歴史研究に従事する者として、歴史教育に関わる者として、何かを深く考えざるを得ません。
 わたしの経験上でいえば、60人以上の集客をするには企業宣伝や自治体発行紙などの媒体に頼らないと無理なことです。歴史を学びたいという〝地熱〟の存在と、気安く利用できる学びの場を設定する必要性をますます実感した次第です。このままゆくともっと宣伝に努力しさえすれば参加人数100人は軽く越えてしまう可能性が充分ありますが、それでは運営方法をどのようにするかという難問に直面します。
 わたしが知恵を絞るのは無論のことですが、「このように運営したらよいのではないか?」というアイデアをみなさんから頂戴できればと存じます。みなさんのご批判やお知恵を拝借することも運営において大切なことです。もともと大学の起源は中世ヨーロッパにありますが、そのときは学生たちが先生を「雇った」わけです。われわれは中世の大学に戻ろうというのが当講座の意義なのです。
 今回の講座は最初混乱があったものの、講師の横山さんの円滑で興味深いお話に救われて、いつもの講座の調子になり、会がたいへん盛り上がりました。横山さんにもお礼を申し上げます。
 そしてみなさまにはこれからもよろしくおつきあいのほどよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »