« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/15

(講座)第2回ワン・コイン古文書講座開講

・第2回ワン・コイン古文書講座のおしらせ 来春早々もワン・コイン古文書講座を開講いたします。
 前回12月10日(土曜日)は、インターネットだけの宣伝にも関わらず、30人以上の方々にご来場頂きました。そこで次回からは宣伝にも力を入れてチラシを作成しました。使用教室も前回の50人教室から135人教室にレベル・アップしました。だんだんと発展させていきたいと思います。
 さて次回はいよいよ東京大学大学院で博士(文学)号をとった小林信也さん(東京都公文書館史料編さん員・川村学園女子大学非常勤講師)の登場です。

第2回ワン・コイン古文書講座

○日時:1月14日(土曜日) 4時15分(4時から開場)~6時15分
○場所:立正大学大崎キャンパス(住所〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16)11号館1171教室(最寄り駅は山の手線の五反田・大崎駅、駅から徒歩7分です)
立正大学大崎キャンパスへのアクセス
立正大学大崎キャンパスの見取り図(11号館は右端)
○料金:500円(レジュメ代、その他一切無料)
○講師:小林信也さん(東京都公文書館専門史料編さん員<非常勤>)
○演題:「江戸を読み解く」
○講師から一言。「巨大都市江戸の町はどのようなところだったのか。古文書の読解とあわせて、町の絵図などに書き込まれたくずし字を読みながらの絵解きもしたいと思います。当日は、皆さんの前に、江戸の町並みが鮮やかに甦る、そんな講座となるよう頑張りますので、どうかよろしくお願いします。」

・第1回古文書講座の離縁状の答え 第1回古文書講座の参加者のみなさん、プリントNo.10の古文書の答えです。どうです、みなさんわかりました?

(1)離縁状之事
(2)一、其許(そこもと)事、我等女房ニ貰請候処、不相應ニ付、
(3)此度双方内(納)得(なっとく)之上及離縁(りえんにおよび)候、然ル上ハ何レ江(え)
(4)縁付候とも、少も差構無之(これなく)候、為念(ねんのため)一札
(5)如件(くだんのごとし)、
 天保九年
  戌閏四月
       佐太郎(印)
 お藤殿

 プリントNo.9と文章が似通っていますからわかりやすかったと思います。2行目の「事」という字がくずれ過ぎていてわかりにくかったかもしれません。また「應」の字が旧字体ですのでちょっと難しかったでしょうか。両者とも字典をひいて確認してみてくださいね。あと3行目の「内(納)得(なっとく)」という箇所。本当は「納得」なのですが糸へんが抜けていますね。「まちがっているじゃないか!」と怒らないこと、この程度のことはよくあることです。宛先は「お藤」。女性の名前ですがわかりましたか? 佐太郎さんとお藤さんの「不相應」。……何が不相応だったのかまでは書いてありません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/14

(講座)ワン・コイン古文書講座盛況、ありがとうございました

 12月10日(土曜日)、立正大学大崎キャンパス11号館にて、ワン・コイン古文書講座を開催しました。このワン・コインとは参加料500円のみ(プリント印刷代含む)という意味で、いわばカルチャー・スクールの格安販売です。学生さんだけでなく社会のいろいろな方々にも学問に親しんで頂こうという文化活動でもあり、また、講師はオーバー・ドクターのわかき非常勤研究者を使い、非常勤研究者にも社会的活躍の場を与えようではないかという救済活動でもあります。例をみないインターネットだけの宣伝でした。
 初回講師はわたしでした。「くずし字を読むココロ -古文書入門、一歩手前-」という題名で「くずし字への恐怖感を取り去ってみましょう、くずし字を読むときのコツをご教示しましょう」という内容の2時間講義。
 インターネットだけの宣伝にも関わらず、30人以上のお客さんに恵まれて好評でした。単位絡みの大学の授業とは異なり、500円とはいえお金を頂いているし、熱意ある見ず知らずの方々ばかりなので、「みなさんに失望させてはいけない」と講師であるわたしも自然と話に力がはいりました。わたしは何度も市民講座を経験してきましたが、いつも自分が試されているような気分を感じます。しかし今回は特に派手に笑ってくれるお客さんが多くて、わたしもとても楽しく感じられた講義でした。
 驚いたのは、多彩な年齢層・立場の方々が集まったということで、インターネットという宣伝媒体ゆえの現象なのでしょうか。だいたい古文書講座といえば60歳以上の方々が多いのが相場ですが、当会は若い方もちらほら。この意味でもやってよかったと痛感しました。剣術試合をしたあとのように、とてもつかれた反面、ここちよい充実感がありました。
 ご参加頂いたみなさまにはこの場をかりてあつくお礼申し上げます。次回は1月14日(土曜日)4時15分より、同じく立正大学大崎キャンパス11号館1171教室の予定です。講師は近世都市史研究者小林信也さんです。明日にこの講座のまとまった紹介文を書こうと思っています。乞う、ご期待!

(追記) さっそく受講生の方の記事を発見。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »