« (ドキュメント)博徒「小川の幸蔵」の生涯①―小川のどろぼう宿― | トップページ | (講座)ワン・コイン古文書講座、ついに開催します! »

2005/10/18

(募集)東京都国分寺市で考古資料倉庫火災、復旧ボランティアを募集

 先日8日午前0時過ぎ、東京都国分寺市で史跡出土品倉庫で火災があったそうです。「朝日新聞」によれば下記の模様です。

国指定史跡出土品倉庫焼ける、対策本部設置
 国分寺市西元町1丁目の国指定史跡「武蔵国分寺跡」の出土品を収めた倉庫で8日未明、火災があり、倉庫や収納箱などが焼けた。同市は11日に対策本部を立ち上げ、被害復旧に全力を挙げている。……8日午前0時過ぎ、煙が上がっているのに気づいた近くの住民から119番通報があった。火は約4時間後に消し止められたが、倉庫2棟が全焼、1棟が一部焼けるなど計55平方メートルが焼けた。倉庫内や倉庫脇に積み上げてあったプラスチック製の収納箱1200箱や、武蔵国分寺跡などから出土した瓦や土器、遺跡調査結果を記した紙や写真などが被害にあった。市は、……ぬれてしまった紙の資料などの復旧に取り組むという。(10/13)インターネット「朝日新聞」多摩版
http://mytown.asahi.com/tama/news02.asp?kiji=4282

 この「午前0時過ぎ」に煙があがるというのはどういうことでしょう。それに、どうして考古資料の倉庫で火災なのでしょうか。ともあれ、これに対して東京都国分寺市ふるさと文化財課では、復旧ボランティアを募集しています。下記サイトをご覧ください。

■ 火災被害を受けた市文化財施設の復旧ボランティアを募集します。 
 10月8日深夜の遺跡調査会の火災により市内遺跡発掘調査資料の一部が被害を受けました。教育委員会ふるさと文化財課ではこれら資料の早急な保存処理をするために専門知識を有する方のボランティアを募集しています。
【資格】史・資料取扱経験者 博物館学芸員資格所持者 考古学専攻 日本史専攻 調査員経験者
担当:ふるさと文化財課(内線479) 
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/ptl_bosyu/70bun/kasaikinkyuutaisakuvora051017/index.html

 わたしの大学の先輩がこのふるさと文化財課にお勤めなので (以前博徒「小金井小次郎」の史料の所在を教えて頂きました、拙稿、立正大学史学会編『宗教社会史研究Ⅲ』(2005.11刊行予定)「石碑からみた『慶応水滸伝』―武蔵国北多摩郡周辺の博徒勢力範囲―」参照) 、拙宅にボランティア募集の情報が入ったのですが、妻が出産間近なので家を空けるわけにもゆかず困りました。協力して頂けるという方がいらっしゃいましたら、是非御駆けつけください。

|

« (ドキュメント)博徒「小川の幸蔵」の生涯①―小川のどろぼう宿― | トップページ | (講座)ワン・コイン古文書講座、ついに開催します! »

コメント

>高尾さま
柳衛です、ご無沙汰しております。実は、その復旧ボランティアに先日参加して参りました。
残念ながら火災現場を見ることは出来ませんでしたが、消火活動の際の放水によって(消防署でも大分加減をして頂いたそうですが)板のようになってしまっている紙の束などもあり、先日の活動で処置出来たのもごく一部です。まだまだ、多くの資料が救助を待っており、まさに「野戦病院」といった様相です。

投稿: 柳衛 | 2005/10/18 18:51

ギエぽん君、情報ありがとう。そうか。火事って放水がすごいんだよね。紙が板になってるわけですか。
それにしても、毀されて今はない遺跡の情報が、すべて永遠に失われるところでしたね。厖大な考古学の情報管理も今後問題になるのでしょう。復旧を願うばかりです。

投稿: 高尾 | 2005/10/18 23:28

やっと思わしいHPに出会い今後とも拝見させていただきます。歴史と言うより江戸時代ばかりではありませんが、随筆と言うより翁草、たん海、慶長見聞録など拾い読みを愉しんでおります。よろしくお願いします。

投稿: 杉山俊正 | 2005/10/23 19:46

ありがとうございます。そうですか、難しい文献を読まれていますね。こちらこそよろしくお願いします。

投稿: 高尾 | 2005/10/23 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56058/6457299

この記事へのトラックバック一覧です: (募集)東京都国分寺市で考古資料倉庫火災、復旧ボランティアを募集:

« (ドキュメント)博徒「小川の幸蔵」の生涯①―小川のどろぼう宿― | トップページ | (講座)ワン・コイン古文書講座、ついに開催します! »