« (近況)「江戸東京博物館友の会」講演 | トップページ | (生涯教育)「ワン・コイン古文書講座」は如何ですか? ―安価でたのしく、くずし字を学ぼう― »

2005/09/14

(記念)ブログ「江戸時代研究の休み時間」1周年、回顧と展望

・インターネットって? 予備校は不思議な教育施設である。予備校といえば偏差値競争を煽る悪玉のように考えるひともいるが、けっしてそれだけではない。男女関係から天下国家のことまで、人生と世の中の機微をいろいろそこで教わった。予備校時代の先生はこんな衝撃的なことをいった。

―あのパソコン通信というやつね、あれはもっと大きくなるんだ、いまはオタクしかやっておらんがね、みんながパソコン通信をやるようになるんだ

 それはわたしにとってインターネットという世界を知った最初の出来事であった。そのときはそんな世の中が本当にくるのだろうか、正直この〝予言〟に半信半疑だった。
 あれから何年たっただろう。

・ちょうど一年 ちょうどいまから1年前にこの「江戸時代研究の休み時間」というブログをたちあげた。その第1回目の書き込みは次のとおりであった。

 2004/09/29ブログをはじめました
 わたしは江戸時代史の研究人です(研究人と表現するのは「研究者」と名乗るにはまだ駆け出し身分だからです)。主に関東の村落史を研究してきましたが、最近は仕事柄、江戸のことも少し調べています。ここでは、研究の過程で知り得たちょっと興味深い話や、本の紹介(歴史関係本以外も含む)・日常雑感などを、気軽に書き込んでみたいと思います。題して「江戸時代研究の休み時間」。わたしの実名を公開し、かつ詳しいプロフィールも公開しています。実名公開でブログを立ち上げている(歴史)業界の方は、あまりいらっしゃらないかと思いますので、あえて公開してみました。ブログに対するコメントも可能で匿名でも構いません。いろいろご教示をお願いします。ただし、悪質・問題のあるものは、わたしの判断で削除させて頂くことがありますのでご了承ください。また、「史料を読んでほしい」等のご依頼には、おこたえしたいところなのですが、十分な回答を用意するいとまがありませんので、ご遠慮頂くようお願いします。わたし、あまりマメな方ではありません。できるかな? どうかな? ……さてさて。

 最初はこんな短い文章だったのである。このときのブログのデザインはピンク一色、とても閑散としたものだった。うれしいやら恥ずかしいやら、このころのアクセス数は一日僅か30くらいだったと思う。文中「「史料を読んでほしい」等のご依頼には、おこたえしたいところなのですが、十分な回答を用意するいとまがありませんので、ご遠慮頂くようお願いします」とあるが、コメント欄に出されたご質問にはたいていお答えするようにしている。

・運営 これ以来3日に1回の執筆を心掛けた。1年を経過したいま、現在123個の記事を書きあげたから、3日に1回のペースを若干うわまわった計算になる。その結果ほぼテキスト・データだけで約5.3MB(メガバイト)、フロッピー・ディスク5枚分を喰い散らかしてしまった。400字詰原稿用紙にして500枚ちかくになる。トラックバック数も25個頂き、ブログをみて電話をしてきたテレビ局も3~4局くらいある (ちなみに去年12月の「御用納」に関する記事は、日本テレビ「おもいッきりテレビ」「きょうは何の日」<2004年12月28日放送>に提供した調査記録をもとにしている)
 今後の参考のためにアクセス数増加のきっかけについて書いておく。やはり、①日本振興銀行社長で経済評論家の木村剛さん(「週刊!木村剛」)に3回ほどお取り上げ頂いたこと、②ブログ収集サイト「ウェブログ図書館」におとりあげを頂いたこと、③『「ブログ」入門』(滝田誠一郎著、ベスト新書)というブログ入門書にご紹介を頂いたこと、④niftyココログの紹介ホームページにご紹介頂いたこと、が主なきっかけであったと思う。それらがアクセス数のきっかけになったことは間違いないが、むろん急増とはいえず、ゆるやかな漸増カーブを描いているので、このうちどれがどのくらい貢献したのかはわからない。ちなみに一番アクセス数が多かったのは「週刊!木村剛」からのリンクであった。
 1年前わたしがブログ開設を決めたのは『AERA』(2004.7.12号)「ブログの時代がやって来た」のブログ特集記事を読んだからだった (木村剛さんのお名前を知ったのもこの記事が最初である) 。これを一読して「これはいけるな」と感じた。それで歴史学系ブログなるものが世の中に存在するのかどうか、懸命になって一週間もGoogleで検索してまわってみたが、その結果、2つ・3つほどがみつかっただけで、本格的なものは皆無であることがわかった。そのため「開設しよう」と決心したものの、やはりいままでないものを作ろうとすることはとても勇気の要ることだった。なにしろ論文執筆や研究発表しかやらない人間が、自分から好んで世の中のグジャグジャに身を投じようというのだから世間の反応が気になった。とりわけ研究者仲間の反応が心配だった。わたしのどうしようもないパソコン音痴も大きなネックであった (そこで職場の同僚のTさんには、インターネットの基本、HTML言語の基礎知識について、長時間にわたってレクチャー頂いた。この場で謝意を表したい)
 運営はハンドル・ネームではなく実名でおこなった。匿名では「2ちゃんねる」と変わりがないし、従来の個人紹介用ホームページと同じように、ブログ・ツールを使おうと考えたからである (実は本家版ホームページ「江戸時代研究の窓」を開設予定であったが、ブログの運営に忙しくて中止した) 。ただ開設して半年の間は顔写真や業績をのせたこのブログが恥ずかしくてしょうがなかった。正直いって自分のブログをみるのもイヤだと思う時期もあった。しかしそれから追々歴史学系ブログが増え始め、いまでは実名・仮名とも60以上のサイトが出現し、わたしの恥ずかしさも幾分かやわらいだ (歴史学系ブログの多くを当ブログ右サイドの「歴史系ブログ一覧」というリンク集におさめている) 。なかには「高尾さんのをみてブログを開設した」という方もいて心強くおもった。
 それでわたしはだんだん厚顔無恥になって、最初は敬遠しようと考えていた時事問題・政治問題にまで口を出すようになった。しかし、①画像添付せずテキストのみ、②内容も固めに、③史料をなるべく紹介する、という3方針は堅持しておだやかに一年が過ぎた。このようなおふざけなしの記事執筆はつらくもあり楽しくもあった。
 交流には記事毎のコメント欄が活躍した。間違いについては主にコメント欄に書き込んで頂いたりした(なかにはこっそりメールで指摘してくれる方もいらっしゃる)。リンクの貼り間違えのご指摘、運営に関する有益なご教示、あるいは記事に関連する該博な知識を披露して下さる方もいる。また驚くべきことに記事でとりあげた歴史上の人物の御子孫からコメント欄にお書き込み頂くことも、一回・二回ではなかった。またわたしの指導教授とは同門の、えらい先生からのお書き込み(もちろんハンドル・ネーム)に感激することもあった。

・世の中の広さ それにしても世の中はひろい。歴史学系ブログの中には脱帽の猛者がいて、「歴史と地理な日々」運営者の中村武生さんもそのひとりである。中村さんとは一面識もないが、飯を食うように何事かを発見し続け、その一々をブログにアップされている。その精力ぶりには驚かされた。はるか年上である中村さんには失礼な表現だが、上には上がいるものだと舌を巻くおもいであった。職場の同僚であり先輩でもある小林信也さんの「江戸をよむ東京をあるく」にも、現代の問題において歴史学を考える態度を学ばせて頂いた。趣味の多彩さにも圧倒される。研究には好奇心が欠かせないのである。一読をおすすめしたい。
 この場をかりて、のべアクセス数3万4千の関係者各位にあつくお礼申し上げます。これからもよろしくお願いします。

|

« (近況)「江戸東京博物館友の会」講演 | トップページ | (生涯教育)「ワン・コイン古文書講座」は如何ですか? ―安価でたのしく、くずし字を学ぼう― »

コメント

祝・1周年。
研究活動を続けながら、中身の濃いブログを更新するのは大変でしょうが、引き続き応援していますので、ガンバッテ!。
おめでとうございます。

投稿: あるアーキビスト | 2005/09/15 07:16

ありがとうございます。どこまで続くかわかりませんが、できるだけやってみたいと考えています。

投稿: 高尾 | 2005/09/15 07:50

1周年おめでとうございます。

専門的なことを一般のものにもわかりやすく語りかけてくれる書きぶりに魅せられてよく拝見しています。

投稿: 653 | 2005/09/15 14:00

ありがとうございます。ホームページも拝見しました。たいへんな力作ですね。いやはや。653さんにまけないように頑張ります。

投稿: 高尾 | 2005/09/15 15:09

 ご紹介ありがとうございます。
 よろしければブログのサイドバーなどからリンクを張っていただければ幸いでございます。(まだまだウェブログ図書館マイナーなので…)

 今後は「文書館」のような機能も担えるようになるのが課題かなと思っています。
 行政文書で記録性のあるもの(市町村の広報など)を固定リンク付きのウェブページで公開していただくことや、民間の史料的な文書(ばるぼら『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』とか)がブログのコンテンツとして受け容れられることが一つの鍵となるでしょう。

投稿: ウェブログ図書館 館長 | 2005/09/17 10:01

ありがとうございます。「ウェブログ図書館マイナーなので」と仰いますが、たいそうなご謙遜で、雑誌ユリイカでとりあげられるなど、けっこうなご活躍ぶりだとおもっておりますが。今後もひろく受け入れられるサイトになるのではないかと注目しています。リンクの件も承知いたしました。
史料をブログ化することもおもしろいと思っています。各個人がもっていた調査カードみたいなものもブログ化すると、思わぬ効果があるかもしれません。これからぼつぼつとそんな試みが出てくるでしょう。

投稿: 高尾 | 2005/09/17 14:42

祝、一周年。
仕事のあいまに、これほどの中身の濃い文章を、しかも一年も書き続けてきたことに驚かされます(私にはとてもできません)。
いずれ一冊にまとめられてはいかがですか。

しばらく太陽と戦いながら、広島でひたすら石塔を測り、村歩きを続けていたため、お祝いの言葉が遅れてしまいました。
歴史系ブログの先駆者として、これからも、期待しています。

投稿: 舘鼻誠 | 2005/09/21 21:55

ありがとうございます。
わたしなんかよりずっとおもしろい話をおもちの研究者の方は、たくさんいらっしゃると思います。そういう方々に出てきて頂きたくて、恥ずかしながら未熟なわたしが、試みにこうやって文章を書いています。山中章さんのブログで活発な議論が出てきたように、今後そうしたブログがたくさん出てくるのではないかと予想しています。
舘鼻さんのブログも拝見しております。勉強させて頂いております。

投稿: 高尾 | 2005/09/22 07:53

ブログ一周年おめでとうございます。当方のような簡単な随想ではなく、まじめに問題をだされ、続けられている努力に敬意を表します。

投稿: メドロ先生 | 2005/09/29 13:49

ありがとうございます。メドロ先生のブログもこまめに拝見しております。
予めブログに数多く文章をアップしておくと、授業のときや講座のときに便利だと気がつきました。「文章かいてくれ」というときもすぐに対応できます。また内容にかんする問い合わせなどもきて顔がひろがりました。
でも、メドロ先生みたいな日記風のブログも書いてみたいなあ、と思っている今日この頃です。それで「はてなダイアリー」でも使ってみようかといま勉強中です。それから「はてなアンテナ」でリンク集の整理をしてみたいな、と。
もしよろしかったらこんど何かの呑み会にお誘いください。ブログなどの話は如何ですか。

投稿: 高尾 | 2005/09/29 15:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56058/5936163

この記事へのトラックバック一覧です: (記念)ブログ「江戸時代研究の休み時間」1周年、回顧と展望:

» IT選挙推進協議会(ブログ図書館) [ウェブログ図書館 業務日誌]
(追記)  「週刊!木村剛」にて続報があがっています。  「選挙のときも大事ですが、選挙の後はもっと大事です」... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 13:40

» 大江戸 [馬鹿と煙]
さてさて、前回は文京区という大胆不敵な題材で投稿したので今回は更なる大胆行動に出たいと思います。そう!江戸です!!! [続きを読む]

受信: 2005/12/23 15:13

« (近況)「江戸東京博物館友の会」講演 | トップページ | (生涯教育)「ワン・コイン古文書講座」は如何ですか? ―安価でたのしく、くずし字を学ぼう― »