« (子ども)身体髪膚これを父母に受く | トップページ | (人物史)川路左衛門尉聖謨 »

2005/06/29

(江戸と東京)都市の作法

 江戸時代の話。江戸では混雑している風呂の湯船に入るとき、隣の人にお湯が撥ねることをおそれて、

 田舎者でござい

 と、声をかけるのだそうです。
 むろん、そのひとが本当に田舎者であるか否かということは、たいした問題にはならず、気軽な「失礼します」というほどの声かけに過ぎません。ただ、「失礼」を「田舎者」に代表させているあたり、江戸っ子の子どもじみた威張り方が表現されていて、わたしのような田舎者にとって、奇妙な可笑しさを感じさせます。

 ある日の夕方、東京近郊の混みあった電車の中。熊本弁を丸出しにして携帯電話で大声で喋っているおじさんがいました。
 すると、隣に立っていたおじさんが、堪えきれなくなったのか、その熊本おじさんを、もっていた週刊誌でぽかりと殴った。それに「なんだ、この野郎」と熊本おじさんも怒って、大喧嘩になりました。
 しかし、車内で「携帯電話で喋っていて何だ」というやじが何処からか聞こえてきて、あきらかに熊本おじさんの方にぶがわるい。それで、熊本おじさんも折れてしまい「わるかったよ」と謝ったが、いっぽう殴ったほうも「いや、殴ったおれもわるかったんだ、実は会社でいやなことがあってさ」と謝って、どういうわけか彼らは仲直りしてしまった。最後は両者で世間話をするようになりました。このおじさん2人は、団塊の世代くらいでしたが、やはりこの世代の連帯感は不思議なところがあります。
 それはさておき。
 東京の電車では「携帯電話のご使用はご遠慮ください」というアナウンスが流れますが、熊本地方にはあるのでしょうか。あったとしても、熊本は東京ほどに人口が過密ではないから、ナイーブな問題にならないのかもしれません。もしもそうなら、偶々東京に出てきた熊本おじさんにとって、予期せぬ災難だったわけです。先の「田舎者でござい」を思い出し、たいへん可笑しかった。

 さて、先日の東京山の手線の車中、やはり、席に座って大声で携帯電話で喋っている茶髪の若者と遭遇しました。ただ、しばらくしてその若者、突然バッタのように立ち上がった。どうしたことかと思ってみていると、

 どうぞ

 といって、何と目の前の老人に席を譲ったのです。
 これなんぞはどうでしょうか。
 車内で携帯電話を使えば、週刊誌で殴られるほどの極悪人らしいのですが、老人を目の前にして席を譲らない若者が殴られた、という話を寡聞にして知りません。エロ雑誌を読むおじさんや、大声で喋りあうご婦人方も、どうやら無罪(?)らしい。よく「携帯電話の電波が心臓のペースメーカーにわるい」といいますが、それなら車内で携帯電話のメールをみてみるひとはどうなるのでしょうか。
 そういうわけでわたしには世間の作法がさっぱりわかりません。とりわけ都市の作法というのは難しいことが多くて困ります。

|

« (子ども)身体髪膚これを父母に受く | トップページ | (人物史)川路左衛門尉聖謨 »

コメント

おめでとう!おめでとう!なんども、おめでとう!
記事と関係ないのは、申し訳ないけれど、弟先生の快挙は、歴史に残る大変なことでした。わたしども、江戸の研究者にとっても、本因坊の位は日本の文化の伝統をついでいるポストです。ぜひとも、よろしくお祝い申しあげてください。
最後に、もう一度、おめでとうございます。

投稿: メドロ先生 | 2005/06/29 12:21

ありがとうございます!ありがとうございます!(と、本人になりかわって、お礼申し上げます) メドロ先生のお祝い、伝言いたします。「江戸時代研究の休み時間」だから、本因坊のこと、言及しておかなくてはいけないでしょうかね…。かさねてお礼申し上げます。 

投稿: 高尾 | 2005/06/29 15:13

生まれた地に育つことン十年、数年前になって自宅の近くに寂光寺という寺があり表に「本因坊うんぬん」の石碑があることに気づきました。本因坊発祥の地らしいようなことが書いてあったので今でもこの寺で何かをするのかなと思っていました。
ここを読んで驚きました、汗顔の至り。とっくに江戸の地に移っていたのですね。
怠け者の私だけかもしれませんが、地元にあるものはいつでも行ける、いつでも調べられるということでついついおろそかになりがちで怖いものです。
勉強になりました。ありがとうございました。

投稿: 傘屋 | 2005/06/30 23:23

本因坊の歴史について質問がくるんじゃないかとヒヤヒヤです。勉強しておかないといけません。

投稿: 高尾 | 2005/07/01 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56058/4756577

この記事へのトラックバック一覧です: (江戸と東京)都市の作法:

« (子ども)身体髪膚これを父母に受く | トップページ | (人物史)川路左衛門尉聖謨 »