« (江戸時代後期、むらの記録②)村の商人 | トップページ | (出版)同じ本が多くはないか »

2005/05/17

(お金)九六銭のこと

 ふるぼけた三重県の母の実家の蔵には、江戸時代以来のいろんなものが詰まっています。イエの歴史のタイム・マシンというべきでしょうか。気味が悪いけども遠いおじいさんのデス・マスクもあります。
 なかに江戸時代のお金もありました。天保期に発行された小判(「保字金」といいます)のほかは、豆銀・安政二朱銀など、残っている貨幣はほとんど銀貨です。
 俗に「東の金遣い・西の銀遣い」というように、東日本では金貨を使用し、西日本では銀貨を使用します。ただし「東日本で全く銀貨を使わない、西日本で全く金貨を使わない」という意味ではありません。地域によってだいたいの使用傾向がみえる、というほどの意味とご理解ください。
 そのてん、三重県域はどちらかというと西日本寄りですから、銀貨が多いのかもしれない。

 もちろん銭は、日本全国、何処でもよく使われます。この蔵の中からも、紙縒(こより)とじの銭の固まりが出てきました。これを「さし」といいます。数えてみると百文銭が1枚(100文)と一文銭が48枚(48文)。この「さし」で150文の勘定です。
 え? 2文足りないって? いいご指摘ですね。でもこれでよいのです。むかしのひとは「96文=100文」と計算していたのですから。100文から4文を欠きます。だから48文でも額面は「50文」と考えます。
 この「96文=100文」計算を九六銭(くろくせん)とよびます。もしも一文銭96枚を「さし」で束ねて100文の額面で支払ったとしても、文句はこない。これは当時の慣習なのです。

 なぜ100文から4文を欠く慣習があったのか、その理由は定かではありません。「2や3の倍数で割り切れるから」という説があります。もしもそれが本当だとしたら、お金の多寡よりも計算のしやすさを優先するということですから、何ともまあ、のんびりとした話ではありませんか。
 もちろん、年貢の銭を支払うときは厳密で、「100文=100文」計算です。これを「丁銭」とよびます。年貢の世界ではのんびりは許されず、4文の欠如も許されません。

 北原進さん『百万都市江戸の生活』(角川選書215、1991)にこんなはなしがあります。

数年前に、へび屋がシマヘビなどを箱に仕入れるとき、百匹入とあっても内容は九十六匹であったと教えていただいたことがある。これなどは明らかに九六銭勘定が行われていた名残りである。

 この場合もやはり「4匹足らないじゃないか!」という文句はこないのです。

 しかし現在は九六銭勘定の慣習は消えてしまいました。知っているひとは稀でしょう。わたしの親戚たちは、わたしが何故小判よりも銭の固まりに喜ぶのか、理由を知りません。わたしを不思議そうにみてみるだけでした。
 この、母の実家からでてきた150文の「さし」、わたしの授業のよい教材として使われています。紙縒を切らないようにそっと持ち歩いています。

|

« (江戸時代後期、むらの記録②)村の商人 | トップページ | (出版)同じ本が多くはないか »

コメント

九六銭の話,今日の講義でまさにしてきたところでした。しかし,年貢ではぴったりが要求されたのですね。知りませんでした。次回の講義で補っておきたいと思います。(※ついでですが,blogの引越をしておりますので,右リンクなどお暇な折りにご修正いただければ幸いです。)

投稿: nm(元economic_historian) | 2005/05/17 11:59

ありがとうございます。承知いたしました。ココログに移動されたのですね。いらっしゃいませ。

投稿: 高尾 | 2005/05/17 14:10

はじめまして。
「保字金」(ほうじきん)のことで分からないことがあって
ここまでたどり着きました。
実は読んでいる書物に
保印、つまり保字金・・・とあって
「保印」の部分はなんて読むのかなあ・・・と疑問なんです。
もし、知っていたら教えてください。

投稿: gara | 2006/09/07 08:42

日本で一番の質と量をほこる国語辞典「日本国語大辞典」[旧版]には、保字金は「ほじきん」で立項されており、「江戸時代、天保八年(一八三七)から発行の天保小判および天保一分金のこと」とあります。わたしは「ほうじきん」と発音していましたが、同大辞典によると「ほうじきん」は宝字金のことです。発音上で保字金と宝字金とを区別するため、読み方をわざと変えている可能性があります。
それに従えば、「保印」も「ほいん」という発音になるべきです。ところが同大辞典には「ほいん」も「ほういん」も立項されておらず、そのうえ、同大辞典では天保は「てんぽう」で立項されていますから、これは少々自信がない考えです。
要は、わたしにもよくわからない、ということです。

投稿: 高尾 | 2006/09/07 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56058/4162923

この記事へのトラックバック一覧です: (お金)九六銭のこと:

» 「疋」という銭の単位 [雑記@史華堂]
先日の「枚」の話の続編で、少し専門チックな話を一つ。…少々下世話ですが(笑)、銭 [続きを読む]

受信: 2005/06/09 01:22

« (江戸時代後期、むらの記録②)村の商人 | トップページ | (出版)同じ本が多くはないか »