« (講演・発表)自意識過剰 | トップページ | (史料)「御国恩」とはなんぞや »

2005/04/22

(都市)「覗く」ということ―高い所からごめんなさい―

 都市という場は、いろいろな身分の者が、ひとつの空間にひしめきあいます。それが故の特別な問題があります。「覗く」という問題もそのひとつです。

 「江戸図屏風」(国立歴史民俗博物館所蔵)・「江戸名所図屏風」(出光博物館所蔵)は、江戸初期頃の江戸の様子を鳥瞰できる、希有な絵画資料です。なかでも目立つのは、町人地の角地に聳える三階建の建物、所謂「三階櫓」です。町人地になぜ城郭施設のようなものがあるのか謎ですが、武士の系譜をひく町人も少なくなかったためかもしれません。後にこの三階櫓は禁止され、建てられなくなります。ですから江戸初期のみにみられる特有の建物です。いまでいうところの高層ビルのイメージでしょうか。
 ……町人地の三階櫓が禁止された理由は「高貴なひとの屋敷が丸見えになってしまうから」なのだそうです(某氏ご教示)。史料にそうしっかり書いてあります。貴重な情報です。

 真ん中にあるのが三階櫓です。『江戸名所図屏風』(国立歴史民俗博物館蔵)同館ホームページより。
http://www.rekihaku.ac.jp/gallery/edozu/layer4/pl343.html

 そういえば、現在の皇居前の東京海上火災ビルも、設計された当初より低めに建てられました。それは皇居が覗けてしまうからです(猪野直樹『ミカドの肖像』、小学館、猪瀬直樹著作集、2002)。いわば現代の「三階櫓」です。

 将軍の行列や朝鮮の使節が江戸のまちを通るとき「二階から覗き見をするな」という町触がよく出ます。
 行列を誰かが狙撃するのを防ぐ等、警備の対策もあるのでしょうが「高い位置から見下ろすのは失礼だ」という発想ではないかと思います(失礼といえば「朝鮮の使節に指を指して大声で笑うな」という町触もあります)。
 つまり「身分と物理的高さはなるべく一致させるべき」という考え方です。例えば、千利休が切腹を命じられた理由のひとつに、秀吉の行列の上に利休の木像を建てた、ということがある。その真否は措くとしても、むかしのひとの観念を窺い知ることができます。
 このあいだ、関東大震災をご記憶のおじいさんに、こういわれました。

「……そういえばね、むかし、お神輿を二階から覗くなって、よく云われたもんですよ。神様ですからね、あれは」。

(お知らせ)当ブログが、新書のブログ入門書、滝田誠一郎著『50代にもよくわかる「ブログ」入門』で紹介されています。本の中では20くらいのブログが載っていますが、当ブログは「学習型ブログ」として写真付きで1頁割いて紹介を頂きました。この場をかりて著者の滝田さんにお礼申し上げます。KKベストセラーズ・ベスト新書、全国書店にて発売中です(なお当ブログの商業的利用については必ずわたしの許可を得て下さい<niftyココログ編集部は除く>。滝田さんには前もって使用の許可を出しています)。

 滝田誠一郎著『50代にもよくわかる「ブログ」入門』(KKベストセラーズ・ベスト新書、定価800円+税)
http://www.kk-bestsellers.com/cgi-bin/detail.cgi?isbn=4-584-12088-9
 お金も時間もかけず、世界中に発信できる便利な道具「ブログ」のユーザーが急上昇中です。そこで、今すぐはじめてみたい方に超やさしい入門書をつくりました。パソコン初心者も中高年も大丈夫。話題のツールで人生をもっと楽しんで下さい!本書では、ブログの立ち上げ方をイチから解説。パソコン初心者や中高年の方でも気軽にブログを始められるようにしました。もちろん!既にブログを始めている人にも役立つ、「目立つ」「ウケる」ためのテクニックや、デザインのカスタマイズ方法も満載!

 滝田誠一郎(たきた せいいちろう)
ノンフィクション作家/ジャーナリスト。1955年東京生まれ。青山学院大学法学部卒。様々な分野で活躍する起業家、ビジネスマン、クリエイターらを主人公にしたヒューマン・ドキュメンタリーを数多く執筆。雇用人権問題・人事問題にも精通し、ビジネス評論にも定評がある。著書に『会社ニモ負ケズ人生ニモ負ケズ』(講談社)、『電脳のサムライたち』『孫正義/インターネット財閥経営』(以上、実業之日本社)などがある。現在、小学館の月刊誌『ラピタ』い《長靴を履いた開高健》を連載中。

|

« (講演・発表)自意識過剰 | トップページ | (史料)「御国恩」とはなんぞや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56058/3805555

この記事へのトラックバック一覧です: (都市)「覗く」ということ―高い所からごめんなさい―:

« (講演・発表)自意識過剰 | トップページ | (史料)「御国恩」とはなんぞや »