« (忠臣蔵)浅野内匠頭刃傷事件―内匠頭、その胸中には?― | トップページ | (書籍)竹内誠監修・大石学編『都市江戸への研究視座』(名著出版) »

2004/12/22

(記念)8年前の卒業論文、やっと出る

 先日『立正史学』96号(立正大学史学会)が自宅に届きました。拙稿が掲載されているのですが(高尾善希「村役人の選出と村の自治―武蔵国入間郡赤尾村名主林信海日記から―」)、これはなんと、わたしが8年前大学を卒業するときに書いた論文なのです。8年ものあいだ久しく机に眠らせておいたままでした。
 この論文は大学の代表として第38回日本史関係卒業論文発表会(地方史研究協議会)で口頭発表しています。ちなみに、この「日本史関係卒業論文発表会」なるものは、学部卒業論文を提出したひとたちが、大学毎に発表しあう、卒業論文コンテストのようなものです(もちろん「コンテスト」といっても、学会ですから、順位がつくわけではありません)。東日本の大学が参加しています。歴史学系の卒業論文を書こうという方は、いちど見学してみるといい刺激になると思います(毎年春になると『地方史研究』誌上に案内の文章が載ります、大学等でもポスターの掲示があると思います)。
 論文の副題にもあるように、武蔵国入間郡赤尾村名主林家の史料で執筆したのですが(注1)、発表当日には、その林家の御当主の方にも見学に来て頂きました。御当主にはたいへん喜んで頂き、発表のあと、お食事までご馳走になってしまいました。研究冥利に尽きるというものです。こんなときは、あらためて、歴史学をやっている意義を発見する思いです。
 『立正史学』96号掲載論文は、その当時の原稿ほとんどそのままにしてあります。大学出たての気負いが丸出しになっており、自分にとっては気恥ずかしい感じもありますが、記念の意味をこめて、あえて特に大きな加筆・修正は加えずに掲載しました。以下は書き出しの部分。

近世村落の自治・自律性に関する研究は、主に一九八〇年代以降、村方騒動・村法・村入用等の研究を通じて成果が積まれてきた。それらの中で、特に村役人の位置付けに関しては、「領主支配システムの末端」「橋頭堡」「槓杆(こうかん)」としての性格を前提としながらも、村に責任を負う者として、村の代表者的な性格へと次第に変容してゆく過程を重視する傾向がある。本稿ではそれらの成果を踏まえ、武蔵国入間郡赤尾村(現、埼玉県坂戸市)の村役人の選出に関する事例を材料に、近世後期の村の自治のあり方を、領主川越藩との関係で明らかにしてみたい。ここでは単なる些末な一村落の制度論を語るつもりはない。村落秩序が動揺し、惣百姓の合意を得ることが難しくなった近世後期的状況の中で、百姓たちが―従来の自治の伝統を引き継ぎつつ―蹉跌し悩みながら、新たな自治を発見・開拓してゆく姿に着目したいと考える。(「はじめに」より)

 なお、『立正史学』96号の「日本近世史特集」、拙稿を含めた5本の論文は、指導教授竹内誠先生の退職に寄せられたものです(「編集後記」参照)。どれも力作ばかりです。コンテンツは以下の通り。

『立正史学』96号(立正大学史学会)
<論考>
黒田日出男「肖像としての源頼朝」
<日本近世史特集>
石山秀和「江戸近郊農村にみる豪農の文化活動―安川家三代の事例―
高尾善希「村役人の選出と村の自治―武蔵国入間郡赤尾村名主林信海日記から―」
西光三「近世大名家における葵御紋使用統制令の受容と展開―「御威光」の統制から藩主権威の形成へ―」
滝口正哉「幕末維新期の納札活動―江戸趣味の系譜―」
渡辺絵里子「江戸拝領町屋の拝領者規定―元禄中期を中心に―」

(注1)ちなみに、この林家の史料は、今年、NHK歴史教養番組『その時歴史は動いた』に紹介されました。おもしろい文書群なので、いろいろな方に知って頂ければと思っています。

|

« (忠臣蔵)浅野内匠頭刃傷事件―内匠頭、その胸中には?― | トップページ | (書籍)竹内誠監修・大石学編『都市江戸への研究視座』(名著出版) »

コメント

『立正史学』は、一般人でも入手可能ですか? もしそうなら、購入方法をお教え下さい。

投稿: くま | 2004/12/22 23:54

2部あればおわけするところですが、1部しか頂いておりません。会員以外でも入手可能なのかどうか、担当者に問い合わせてみます。

投稿: 高尾 | 2004/12/23 14:39

高尾さん、立正史学の頒布については、一部1000円ではありますが(会費から換算して)、高尾さんは執筆者なので抜刷以外でも数部お渡しすることが可能と思います。
その旨を事務局に伝えて、今度直接、高尾さんにお渡しできると思います。

追加
 立正史学は大会の際もバックナンバーを販売することがありませんでしたが、他の大学の史学会はだいたい販売していますね。そのことも事務局に伝えておきます。

投稿: 山本 | 2005/01/13 16:00

山本さん、情報ありがとうございます。というわけで、くまさん、一部おわけしますので、少々お待ちを。

投稿: 高尾 | 2005/01/13 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56058/2338649

この記事へのトラックバック一覧です: (記念)8年前の卒業論文、やっと出る:

« (忠臣蔵)浅野内匠頭刃傷事件―内匠頭、その胸中には?― | トップページ | (書籍)竹内誠監修・大石学編『都市江戸への研究視座』(名著出版) »