« (研究会)例会報告についてお知らせ | トップページ | (発見)幕末巣鴨町の住宅地図 ~「先祖が巣鴨町に住んでいました」という方、ご連絡を~ »

2004/12/03

(書籍)大学図書館

 大学の図書館に本があるかないかは、マジメな学生にとって重大な問題です。「ウチの大学、本がなくってさ……」という愚痴がよく聞かれます。
 わたしは、古文書をいろんなところで読みまわっていて、先行研究の把握は最低限にとどめ、論文を掻き集める趣味がうすく、専ら大学の図書館を昼寝場所に使っていました(難しい本を読むとむしょうに眠たくなります、何故なのでしょう)。そうでなければ、別分野の書籍の背表紙を眺めてまわる(美術館の絵みたいに鑑賞する)。だから「きみ、いつもウロウロしているけど、何やってるの?」と言われたことがあるくらいです。

 「大学図書館は本がなくて当然」がわたしの持論です。潤沢な資金とひろい建物がある大学なら格別、多くの大学にとって、いろんな学生のニーズのために、あらゆる本を揃えよというのは無理な注文です。本がなければ、ちょっと大きめな図書館に足をのばせばよい。都会に通えるなら、2つか3つは大きめな図書館があるはずです(ただし、そのてん、田舎にある大学だとかなり不便かもしれません)。
 でも、そうやっていろんな図書館で書籍を渉猟していると、いいこともあります。その図書館にしかない書籍・資料などを発見することができるからです。自分の大学に閉じこもらず、なるべく外を歩いた方がよいかもしれません。それに、苦労して入手した論文のコピーは、宝石のように思われ、よく読み込むものです。逆に、簡単にコピーした論文は、いつまでも押入の中に入ったままで、愛着も薄いことが多いのではないでしょうか。

|

« (研究会)例会報告についてお知らせ | トップページ | (発見)幕末巣鴨町の住宅地図 ~「先祖が巣鴨町に住んでいました」という方、ご連絡を~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56058/2138041

この記事へのトラックバック一覧です: (書籍)大学図書館:

« (研究会)例会報告についてお知らせ | トップページ | (発見)幕末巣鴨町の住宅地図 ~「先祖が巣鴨町に住んでいました」という方、ご連絡を~ »