« 2004年1月 | トップページ | 2004年10月 »

2004/09/30

(古文書入門)古文書を読みたい、どうしたらいい?

 今日のお題は「古文書入門」です。ここでいう古文書とは、墨でニョロニョロ、ミミズのような文字が書かれた史料のことです。
 わたしも江戸時代を研究しているため、博物館・カルチャーセンター等で、「古文書入門講座」なるものを依頼されることがあります。そのたびに応募されるかたの多さに驚かされます。残念ながら、わたしの講座に人気があるのではなく、どうやら古文書解読自体が、ブームらしいのです。「ニョロニョロ(古文書)が読めるようになりたいです! どうしたらいいんですか?」と質問をされることも多くなりました。わたし自身はというと、大学教育・大学での研究会という、とても恵まれた場で古文書解読を習いましたから、ここで自分の経験を話すことは無意味でしょう。
 そこで、大学で学ばず、全くの趣味・独学で古文書解読を修得された方を観察してみました。するといくつかの共通点があることがわかります。1つには、①古文書通信講座を受講され、②地域の古文書市民サークルに参加され、③博物館等の講座も受講される、という3者かけもちの「欲張り」な方が多いようです。勉強の機会を積極的に確保する。2つには、勉強で知り合った友達が多いというのも見逃せません。友達同士で互いに教え合うというなかで勉強されているようです。3つには、格別頭がよいというよりも、物怖じしないひとが多いのではないかと思います。つまり、何でもひとに質問する、これが学びの極意なのかもしれませんね(古文書の勉強に限ったことではないでしょう)。
 講師の側も心得たもので、あるひとは、わざと自分の作ったテキストに間違いを仕掛けるのだそうです。案の定受講生の方が「先生、これは間違いですよ」と指摘してくる。すると講師は「あ。その通りですねえ。よく勉強されていますね」と答えてあげる。わたしはこれを聞いたとき「プロい!」と唸りました。ノセル講師にノル受講生か。こうやって受講生の古文書解読力が上がっていくわけです。
 ちなみに、わたしのテキストにも間違いがありますが……、もちろん本気で間違えています。ごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/09/29

ブログをはじめました

 わたしは江戸時代史の研究人です(研究人と表現するのは「研究者」と名乗るにはまだ駆け出し身分だからです)。主に関東の村落史を研究してきましたが、最近は仕事柄、江戸のことも少し調べています。ここでは、研究の過程で知り得たちょっと興味深い話や、本の紹介(歴史関係本以外も含む)・日常雑感などを、気軽に書き込んでみたいと思います。題して「江戸時代研究の休み時間」。
 わたしの実名を公開し、かつ詳しいプロフィールも公開しています。実名公開でブログを立ち上げている(歴史)業界の方は、あまりいらっしゃらないかと思いますので、あえて公開してみました。
 ブログに対するコメントも可能で匿名でも構いません。いろいろご教示をお願いします。ただし、悪質・問題のあるものは、わたしの判断で削除させて頂くことがありますのでご了承ください。また、「史料を読んでほしい」等のご依頼には、おこたえしたいところなのですが、十分な回答を用意するいとまがありませんので、ご遠慮頂くようお願いします。
 わたし、あまりマメな方ではありません。できるかな? どうかな? ……さてさて。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年10月 »